Information

日本建築医学協会加入について -About an association

株式会社竹屋はこのたび日本建築医学協会に加入しました。

住まい(建築学、住居学、環境工学)と医療の専門家が、住環境が健康に及ぼす影響について共同研究、情報提供を行う団体です。そして予防医学の中でも、「住環境・職場環境を改善することを通して積極的に病気を予防する」という考え方を「建築医学」として提唱し、この建築医学の啓蒙普及により、広く市民のQOL(クオリティ・オブ・ライフ;健康及び人生の質)の向上を目指しています。

環境と健康 -Enviroment & Health

国の医療費負担は毎年増加し(2005年度は32兆4千億円、前年度比9,700億円増)、健康保険制度はパンク寸前です。医療において「病気をいかにして治すか」以前に「いかに人を病気にさせないか」という予防医学は、緊急の、そして国家的な課題になっています。

そこで問題になってくるのが生活習慣病です。現在、日本人の死因の60パーセント以上が三大生活習慣病(ガン、脳卒中、心筋梗塞)であり、ガンに至っては三人に一人が発病すると言われています。この生活習慣病と住まい環境とは密接な関係にある、ということが分かってきました。

近年、住環境を巡ってシックハウスや化学物質など様々な問題がクローズアップされるようになりました。また世界各地で電磁気、地磁気、臭い、色彩、立地条件などが原因と考えられる疾患が数多く報告されています。つまり住環境や職場環境から来る様々な環境ストレスが、生活習慣病の要因と考えられるのです。

逆に言うと、「病気をつくらない、健康で快適な住環境や職場環境を作ることができる」可能性が見えてきたのです。

シックハウス対策 -Measures of the sickhouse

私ども「竹屋」では、この建築医学の観点から抗酸化リバース工法をお薦めしております。
シックハウス症候群や消臭効果、省エネ効果等、驚く効力を実感する事ができます。どうせ建てるならこんな家に住んでみたいと思いませんか?

詳しくは「抗酸化リバース工法」のページをご覧下さい。

COPYRIGHT©2009 TAKEYA ALL RIGHTS RESERVED.